メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和女子大生が租税教室を開催 笹原小児童60人参加 /東京

「自分の街に必要な公共施設は何か」を議論する小学生ら=世田谷区桜丘の笹原小学校で

 税金の大切さを知ってもらおうと、昭和女子大学(世田谷区)の学生有志が2日、地元の笹原小学校の児童計約60人に対して、初の租税教室を開いた。

 企画したのは、同大グローバルビジネス学部で会計ファイナンスを学ぶ3年の永沼遥さん(20)ら8人。租税教室では、世田谷と渋谷の両税務署と協力して作った、税金の役…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです