メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ちわびた秋の行楽!! 海洋つり場、営業再開 宮津/動物とふれあい 綾部/野外でフードイベント 与謝野 /京都

芝生に座り、食事を楽しむ家族連れ=与謝野町岩滝の阿蘇シーサイドパークで2020年10月3日午前11時53分、松野和生撮影

 秋の行楽シーズンが本格化し、3日も府内の観光地などには多くの家族連れらが訪れた。新型コロナウイルスの感染予防に気を配りながら、秋の一日をそれぞれ楽しんでいた。

海洋つり場、営業再開 宮津

 宮津市海洋つり場(同市小田宿野)が3日、営業を再開した。2018年7月の豪雨による土砂崩れで釣り場までの架設道が不通になり、休業に。20年4月に再開する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。良好なフィッシングポイントの一つとして知られ、待ちわびた大勢の釣り客が訪れた。

 釣り場には、渡り桟橋(長さ70メートル、幅2・5メートル)と釣り桟橋(40メートル四方、幅5メートル)がある。受付では開場前から来場者らが長い列を作り、桟橋へ下りると、ポイントを選んで釣り糸を垂れた。30センチクラスのキジハタなどを釣り上げた長岡京市の小学6年、松尾荘壱さん(12)は「魚がかかった時の手応えが楽しい。ヒラメを釣ってみたい」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです