メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

聖書を読んだサムライたち /京都

 <活字を楽しむ>

 (守部喜雄著 いのちのことば社、1200円(税抜き))

 司馬遼太郎の「竜馬がゆく」は学生時代に読んだ思い出の書だ。その後、いろんな局面で「龍馬ならどうするだろう」と思いを巡らすと、背筋がしゃんとなる気がした。高知に4年勤務し、龍馬はさらに身近になった。京都市上京区の河原町通沿いにある暗殺の地に行ってみた。幕末に思いを巡らすにはにぎやか過ぎた。

 龍馬を斬ったとされる京都見廻(みまわり)組の今井信郎は、幕府に忠誠を尽くし、榎本武揚(たけあき)の反乱軍に加わって函館五稜郭(ごりょうかく)で新政府軍と戦った。敗戦後の取り調べで龍馬殺害を自白。西郷隆盛の介入もあって死罪を免れ、多くの旧幕臣らが謹慎生活を送った静岡に流された。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです