メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたにトーク・バック

カセットテープあれこれ=北尾博伸さん /和歌山

 9月28日の毎日新聞のインターネット記事に、ラジカセとカセットテープを愛する三重県志摩市の51歳の男性会社員の記事がありました。

 私もこの男性と同世代なので、一番思い出のある記録メディアといえば、やはり「コンパクトカセット」つまりカセットテープとなります。

 カセットテープは録音時間が46分、60分、74分、120分とあり、種類はノーマル、ハイポジション、そしてメタルなどがありました。

 当時は音質の良いFMラジオの番組を録音することを「エアチェックする」なんて言いましたっけ。カセットデッキもレコードやCDの音源を録音するデッキは、それなりの値段のもの、モノラル音声のAM番組などを録音するのは安いラジカセなどと使い分けていました。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです