メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌る?紀になる!

制服の選択肢、平等に 女子スラックス、県内公立高で半数導入 /和歌山

和歌山県内の高校で導入が進んでいる女子生徒のスラックス=和歌山市で2020年9月30日午後4時53分、山口智撮影

 女子生徒の制服でスカートのほかにスラックスを導入している県内の公立高校(全日制)が、半数以上に上っていることが毎日新聞の取材で判明した。背景には防寒対策としてや、自転車通学時の動きやすさを求める生徒からの要望がある。さらに、LGBTなど性的少数者への理解が広がっていることも影響しているようだ。

 毎日新聞が取材したところ、県内の公立高(全日制)35校のうち18校でスラックスを取り入れていた。最近2年間で8校が導入している。

 今春導入した紀北地域の高校の男性教諭は「冬場は山から風が吹き下ろされるので、生徒たちから防寒対策としてズボンをはきたいという声が昔から根強かった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 新型コロナ 自宅療養中21人死亡 12月以降10都府県

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです