特集

LGBT 私らしく生きる

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えてきました。LGBTはレズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)の頭文字をとった性的少数者を表す言葉です。誰もが私らしく生きることを認め合える社会を目指して、動き始めた人たちを取材していきます。

特集一覧

和歌る?紀になる!

制服の選択肢、平等に 女子スラックス、県内公立高で半数導入 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
和歌山県内の高校で導入が進んでいる女子生徒のスラックス=和歌山市で2020年9月30日午後4時53分、山口智撮影
和歌山県内の高校で導入が進んでいる女子生徒のスラックス=和歌山市で2020年9月30日午後4時53分、山口智撮影

 女子生徒の制服でスカートのほかにスラックスを導入している県内の公立高校(全日制)が、半数以上に上っていることが毎日新聞の取材で判明した。背景には防寒対策としてや、自転車通学時の動きやすさを求める生徒からの要望がある。さらに、LGBTなど性的少数者への理解が広がっていることも影響しているようだ。

 毎日新聞が取材したところ、県内の公立高(全日制)35校のうち18校でスラックスを取り入れていた。最近2年間で8校が導入している。

 今春導入した紀北地域の高校の男性教諭は「冬場は山から風が吹き下ろされるので、生徒たちから防寒対策としてズボンをはきたいという声が昔から根強かった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文784文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集