メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

救出の願い、届け 横田さん拉致題材に舞台化 米子 /鳥取

横田めぐみさんの拉致をテーマにした舞台=米子市末広町の米子コンベンションセンターで2020年10月2日午後4時8分、柴崎達矢撮影

 北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんと両親を題材にした演劇「めぐみへの誓い―奪還―」が2日、米子市末広町の米子コンベンションセンターで上演され、市民ら約290人が来場した。政府の拉致問題対策本部と県、米子市の主催。問題の概要説明やミニコンサートの後、約90分上演された。【柴崎達矢】

 めぐみさんは新潟市の中学1年生だった1977年に連れ去られ、両親は救出活動を続けていたが、父滋さんは今年6月に87歳で死去して…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです