連載

ストーリー

記者が現場を歩き、見て、聞いて、感じながら、ニュースの深層、話題の人々の内面に迫る長編ルポ。

連載一覧

ストーリー

コロナ禍「住民の命守る」(その1) 「スラムの市長」奮闘

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
訪れた住民の相談に応じるジウソン・ホドリゲスさん(左)=サンパウロで7月、山本太一撮影
訪れた住民の相談に応じるジウソン・ホドリゲスさん(左)=サンパウロで7月、山本太一撮影

 南半球・ブラジルに冬晴れが広がった7月のある日、レンガ造りの家が建ち並ぶスラム街の一角で、ジウソン・ホドリゲスさん(36)は、住民女性の相談に耳を傾けていた。「プリペイドカードが使えない。どうすればいいのでしょう」

 ここはサンパウロのパライゾポリス地区。「ファベーラ」と呼ばれるスラムの一つで、貧困層を中心に約10万人が密集して暮らしている。新型コロナウイルス対策の基本である3密(密閉・密集・密接)を避けて生きるのは難しい。だが、新型コロナを「ちょっとした風邪程度」と軽視してきたボルソナロ大統領は経済活動を優先し、十分な住民支援を打ち出していない。

 こうした中、パライゾポリスで、ホドリゲスさんが会長を務める住民組織が、感染が拡大し始めた3月ごろから独自の対策を打ち出してきた。貧困層に向けた弁当の調理や配達、マスクの生産、7月にはシングルマザーら約8000人に200レアル(約4000円)のプリペイドカード配布も始めた。毎月2000レアル(約4万円)以下で暮らす貧困層の月給の1~2割に相当する。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文908文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集