連載

もとをたどれば

商品名や社名などにこめられた企業の思いを紹介します。

連載一覧

もとをたどれば

ポッカレモン カクテル用から誕生

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=同社提供
=同社提供

 レモンを搾らなくても、容器からそのまま振りかけることができる。その手軽さが受け、1957年の発売以来、ロングセラーとなっているレモン果汁ブランド「ポッカレモン」。ポッカサッポロフード&ビバレッジ(名古屋市)の主力商品だ。

 同社は2012年にサッポロ飲料とポッカコーポレーションが統合して設立された。ポッカレモンは、ポッカ社の創業者で名古屋市出身の谷田利景氏が生み出したものだ。

 谷田氏は54年、地元の繁華街で「女性が来れば男性も来る」と女性客に的を絞り、洋酒メーカー「ニッカウヰスキー」の名を冠したバーを開店。女性に好まれたのは、レモンを使ったカクテルだった。だが、当時は輸入自由化前でレモンは希少品。そこで果汁に香料などを混ぜたレモン風味液を開発した。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文585文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集