メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

「太平洋戦争研究会」代表・平塚柾緒さん 最前線の兵士らの肉声を

太平洋戦争研究会の代表、平塚柾緒さん=東京都足立区で2020年9月22日、栗原俊雄撮影

 在野で戦史を研究、執筆する「太平洋戦争研究会」はこれまでおよそ100冊もの書籍を世に送り出してきた。戦史ファンのみならず歴史学者やジャーナリスト、漫画などの創作者にとっても頼りになる集団だ。代表を務める平塚柾緒さん(83)は、もともと「美術少年」「文学青年」だった。

 茨城県石下町(現常総市)出身で、敗戦時は国民学校の2年生。「朝、登校する時よく(米戦略爆撃機の)B29が飛んできました。近くの桑畑や麦畑に駆け込みましたね」。1945年3月10日の東京大空襲の翌日か翌々日。「河原で遊んでいると、昼間なのに夕暮れみたいに暗くなりました。煙が流れてきたのでしょう。紙の燃えかすのようなものが降ってきた」

 戦争の記憶が、そのまま「研究会」の仕事につながったわけではない。絵が好きで美大に進学した。しかし時代は60年安保闘争のまっただ中。運動に関わり学業がおろそかになった。さらに文学学校にも通った。

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです