メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上皇ご夫妻、静かな日常 仮御所転居半年、外出控え コロナ下、国民を常に案じ

皇居に入られる上皇さまと上皇后美智子さま=皇居・乾門で9月18日午前

 上皇ご夫妻が皇居から仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区、旧高輪皇族邸)に転居されて半年が過ぎた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて外出や来訪者との面会は極力控え、今夏は那須御用邸(栃木県那須町)などでの静養も取りやめている。宮内庁関係者は「不自由を強いられている国民を常に気にかけておられる」と話す。

 ご夫妻が26年あまり暮らした皇居・吹上仙洞御所から住まいを移したのは3月31日。上皇さまは86歳、上皇后美智子さまは85歳と高齢で、職員らは感染防止に細心の注意を払う。ご夫妻とも新型コロナを巡る情勢に関心を持ち、感染者や死亡者の増加に心を痛め、医療従事者ら社会生活の維持に尽くす人たちを案じているという。

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです