メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

「スラムの市長」奮闘 コロナ禍のブラジル、住民命守る

 南半球・ブラジルに冬晴れが広がった7月のある日、レンガ造りの家が建ち並ぶスラム街の一角で、ジウソン・ホドリゲスさん(36)は、住民女性の相談に耳を傾けていた。「プリペイドカードが使えない。どうすればいいのでしょう」

 ここはサンパウロのパライゾポリス地区。「ファベーラ」と呼ばれるスラムの一つで、貧困層を中心に約10万人が密集して暮らしている。新型コロナウイルス対策の基本である3密(密閉・密集・密接)を避けて生きるのは難しい。だが、新型コロナを「ちょっとした風邪程度」と軽視してきたボルソナロ大統領は経済活動を優先し、十分な住民支援を打ち出していない。

 こうした中、パライゾポリスで、ホドリゲスさんが会長を務める住民組織が、感染が拡大し始めた3月ごろから独自の対策を打ち出してきた。貧困層に向けた弁当の調理や配達、マスクの生産、そして7月にはシングルマザーら約8000人に200レアル(約4000円)のプリペイドカード配布も始めた。毎月2000レアル(約4万円)以下で暮らす貧困層の月給の1~2割に相当する。

この記事は有料記事です。

残り4420文字(全文4875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  4. 近大生一気飲み死亡、学生など9人を略式起訴へ 刑事責任問うのは異例

  5. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです