特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

あるじなきホワイトハウスの混乱 トランプ氏は激怒? 「回復」情報の真偽は

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウォルター・リード陸軍病院の大統領専用室で執務するトランプ大統領。ホワイトハウスが公表した=AP
ウォルター・リード陸軍病院の大統領専用室で執務するトランプ大統領。ホワイトハウスが公表した=AP

 新型コロナウイルス感染で入院したトランプ米大統領(74)の病状に関するホワイトハウスの発信が錯綜(さくそう)している。病状に関する具体的な数値情報が明らかにされないまま、「回復」「懸念される」といった言葉が飛び交う。政権発足以来、科学的事実やデータを軽視し、虚偽説明を繰り返してきた政権の体質が不信に拍車をかけている。【ワシントン高本耕太、古本陽荘】

「全ての数値が良好」と繰り返してきた主治医チーム

 記者「酸素吸入はしていない?」

 コンリー医師「今はしていない」

 記者「前にはしていた?」

 医師「今はしていない」

 3日、トランプ氏が入院するワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院で大統領主治医チームが開いた記者会見は、堂々巡りが続いた。主治医チームは、前日にトランプ氏の病院への移送を判断した具体的根拠を示さないまま「回復に満足している」と繰り返した。

 主治医チームはこれまでも、トランプ氏の健康状態について事実と異なる説明をしていると指摘されてきた。チームは、ハンバーガーやケチャップを好む肥満体質でゴルフ以外の運動をしないことで知られるトランプ氏の健康診断の度に「全ての数値が良好」と発表している。

側近は「信じられない回復」演出、トランプ氏激怒か

 楽観的な情報ばかり強調するコンリー氏の会見への不信感が広がるなか、ホワイトハウスの実務を取り仕切るメドウズ首席補佐官は、同行記者団に「過去…

この記事は有料記事です。

残り1527文字(全文2125文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集