特集

プライム司法

司法にかかわるさまざまな話題を伝えます。

特集一覧

注目裁判・話題の会見

淡々と「間違いありません」 寝ているように見える場面も 座間9人殺害事件 9月30日初公判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
9人の遺体が見つかった白石隆浩被告が住んでいたアパート=神奈川県座間市で2017年11月11日、本社ヘリから和田大典撮影
9人の遺体が見つかった白石隆浩被告が住んでいたアパート=神奈川県座間市で2017年11月11日、本社ヘリから和田大典撮影

 3年前、社会を震撼(しんかん)させた座間9人殺害事件の公判が東京地裁立川支部で始まりました。裁判は12月15日の判決まで24回開かれます。随時掲載で、裁判の模様を詳報していきます。

9月30日・初公判 傍聴券の抽選は48倍

 神奈川県座間市のアパート一室から2017年10月、当時15~26歳の男女9人の切断された遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告の初公判が30日、東京地裁立川支部で始まった。

 開廷に先立ち行われた傍聴席の抽選では、一般傍聴席13席に対し、625人の傍聴希望者が列を作り、競争率は約48倍。関心の高さをうかがわせた

背中まで伸びた髪、証言台では体を傾け

 <午後1時半、東京地裁立川支部101号法廷>

 傍聴席が静まる中、白石被告は淡い緑の作業着のような服を身につけ、刑務官に挟まれて入廷した。髪は背中まで伸び、黒縁眼鏡に白い大きなマスク姿。勾留中は筋トレをしていたというが、大きな変化は見られない。被告が証言台の前に立つ。

裁判長「名前は?」

被告「白石隆浩です」

 ぶっきらぼうな言い方で聞き取りにくい

裁判長「住所は不定…

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2634文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集