特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

「日本の将来危うくしかねない」 科学者や学生の団体も抗議 学術会議任命拒否

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本学術会議=東京都港区で、岩崎歩撮影
日本学術会議=東京都港区で、岩崎歩撮影

 日本学術会議が推薦した会員候補6人を菅義偉首相が任命しなかった問題に対し、全国の大学教員や学生らの団体から抗議声明が相次いで発表されている。

 国内の研究者約4000人が所属する「日本科学者会議」は3日、「学者、研究者の危機は日本の将来を危うくしかねない。政府の介入を取り下げることを要求する」とする談話をホームページに掲載した。5日に菅首相宛てに文書を郵送するという。

 談話は「優れた研究や業績の評価は専門家集団の学術会議で行われたもので、政治家が介入し、判断する余地はない」と指摘。1983年の国会審議で政府側が「学術会議が推薦した者は拒否しない。政府が干渉したり、中傷したりはしない」などと答弁した事実に触れ、「菅政権による解釈変更は決して許されない」と強く反発した。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文738文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集