履正社に逆転、山田が初近畿大会 26年ぶり“府立の星” 高校野球秋季大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高校野球秋季大阪府大会3位決定戦で履正社に勝ち、初の近畿地区大会出場を決めた山田の選手たち=大阪市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアムで2020年10月4日午前11時50分、藤田健志撮影
高校野球秋季大阪府大会3位決定戦で履正社に勝ち、初の近畿地区大会出場を決めた山田の選手たち=大阪市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアムで2020年10月4日午前11時50分、藤田健志撮影

 高校野球の秋季大阪府大会は4日、大阪市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアムで3位決定戦が行われ、府立の山田が2―1で履正社に逆転勝ちし、17日にわかさスタジアム京都(京都市)で開幕する近畿地区大会に初の出場を決めた。大阪勢の公立校が秋季近畿大会に出場するのは1994年の市岡以来26年ぶり。昨夏の甲子園で優勝し、今夏の2020年甲子園高校野球交流試合にも出場した履正社は5年ぶりに近畿地区大会出場を逃した。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文889文字)

あわせて読みたい