メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本武道館「こけら落とし」の関東大学空手道選手権 コロナ対策で専用防具

頭部にメンホーをつけ、口元をシールドで覆って戦う女子組手の選手たち。審判もフェースシールドを装着している=日本武道館で2020年10月4日午後1時19分、松本晃撮影

 第63回関東大学空手道選手権(本社後援)が4日、東京オリンピック・パラリンピックに向けて改修された日本武道館(東京都千代田区)で行われた。同武道館は今月から利用を再開しており、こけら落としの大会となった。

 新型コロナウイルスの感染拡大後では初の空手の大規模大会で、感染防止のため組手の選手は頭部を専…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです