メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

河野裕 長編小説「昨日星を探した言い訳」刊行 「正しさって?」真っ正面から

「昨日星を探した言い訳」を刊行した河野裕さん=大阪市西区で2020年8月25日午後5時55分、関雄輔撮影

 テレビアニメや実写映画化された「サクラダリセット」シリーズなどで知られる作家、河野裕の新作長編「昨日星を探した言い訳」(KADOKAWA)が刊行された。これまでは文庫で新作を発表しており、本作品が初の単行本。全寮制の学園を舞台とした恋愛小説で、登場人物の対話を通じ、理想の社会や人間関係のあり方を問う意欲作だ。

 物語の舞台は、別の歴史を歩んできた日本。この国では被征服民にルーツを持つ「緑色の目」の住民への差別、偏見が根深く残っている。名門校に通う坂口孝文は緑の目を持つ転入生、茅森(かやもり)良子と知り合い、次第にひかれていく。瞳の色を気にしない社会と、瞳の色の違いに誇りを持てる社会のどちらが正しいのか。真の平等とは何なのか――。「正しさ」や倫理観を巡る対話が繰り広げられる。

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです