メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生後5カ月で被爆、中西さん初証言 「惨状を語り継ぎたい」 葛飾で「原爆犠牲者追悼のつどい」 /東京

被爆者としての思いを初めて大勢の前で語った中西俊雄さん=葛飾区青戸7のテクノプラザかつしかで

 都が主催する「原爆犠牲者追悼のつどい」が4日、葛飾区のテクノプラザかつしかであり、被爆者や遺族ら約100人が広島や長崎の犠牲者を悼んだ。都内の被爆者団体「東友会」メンバーで、生後5カ月で長崎市で被爆した中西俊雄さん(75)=葛飾区=が初めて被爆者としての思いを語り、改めて平和を誓った。

 例年は夏に開催しているが、今年は新型コロナウイルスの影響で時期を変更した。小池百合子知事らが献花した後、犠牲者の名前が読み上げられた。

 中西さんは1945年8月9日、爆心地から約2・8キロの長崎市片淵町の自宅で被爆した。5人兄弟の末っ子で、母や兄たちと一緒にいた。近くの山が爆風を遮り、命は助かったが、両親は被爆の体験を語りたがらなかった。「父は爆風で吹き飛ばされ、体に刺さったガラスを親友に取り除いてもらい一命を取り留めた。収容された病院で苦しみながら亡くなっていく人を見たが、子どもには一切話さなかった」と語る。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです