新型コロナ 収束願い大凧揚げ 魔よけの赤、感謝の青 新潟・白根総合公園 /新潟

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
医療従事者への感謝をあらわす青いたこを揚げる参加者たち=新潟市南区の白根総合公園で2020年10月4日、北村秀徳撮影
医療従事者への感謝をあらわす青いたこを揚げる参加者たち=新潟市南区の白根総合公園で2020年10月4日、北村秀徳撮影

 新潟市南区の白根総合公園で4日、新型コロナウイルスの早期収束を願う大凧(おおたこ)揚げがあった。魔よけのたこや、医療従事者への感謝を示す青いたこが、秋空に大きく舞い上がった。

 6月の伝統行事「白根大凧合戦」、10月の「南区凧フェスティバル」が新型コロナの影響で相次ぎ中止に。「たこの街・白根」を少しでも盛り上げようと、フェスティバルの実行委員会や地元有志ら約50人が集…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集