メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

バスケットボールのスター選手…

[PR]

 バスケットボールのスター選手、チャック・テーラーがいなければ、伝説のシューズは歴史に埋もれていたかもしれない。1917年にコンバース社から発売されたバスケットボール専用のシューズ「オールスター」だ▲バスケットボール自体、考案されてからまだ日の浅い競技だった。プロ時代からオールスターを愛用していたテーラーは、ゲームとシューズの普及に尽力した。その功績から殿堂入りを果たし、靴には彼のサインが加えられた▲誕生から100年あまり。クラシカルなデザインは今もほとんど変わらず、ストリートファッションに欠かせないアイテムとして根強い人気を誇る。その「チャック・テーラー」が新たな歴史を作るのか▲足元に注目が集まったのが、黒人女性初の米民主党副大統領候補となったカマラ・ハリス上院議員だ。指名後、ジャケットとスキニージーンズに、くるぶしが出る黒のチャック・テーラーを履いて空港に降り立つ動画が一晩で800万回近く再生されたという▲テニスの全米オープンで優勝した大坂なおみ選手のマスクが話題になったように、ファッションは時に言葉よりも雄弁にメッセージを発する。シンプルなスニーカーが語るのは、権威の象徴のようなピカピカの革靴とは対照的な、親しみやすさや変革の風だろうか▲靴は小さなアイテムだが、それだけで印象はがらりと変わる。おろそかにはできない。いま社会の土台はコロナ禍でぐらついている。足元の現実を見つめるのは政治の役割だ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです