メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英EU、集中協議実施へ FTA交渉「合意の重要性」確認

 欧州連合(EU)を離脱した英国とEUの自由貿易協定(FTA)交渉を巡り、ジョンソン英首相とEUのフォンデアライエン欧州委員長は3日、電話で協議した。双方は交渉妥結に向けて「大きな隔たり」があることを認めつつ「合意を見つけることの重要性」を確認し、担当者レベルでの集中的な協議を開始することで一致した。

 FTAなどに関する英EU間の9回目の交渉ラウンドは2日、大きな進展のないまま終了した。3日の電話協議後に発表された共同声明によると、交渉の現状は「ここ数週間で進展があった」ものの、焦点である国家補助金のあり方など市場における「公正な競争条件の確保」や、英国海域での漁業権の取り扱いなどで意見に大きな相違が残っていることを確認したという。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです