メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

演劇部の仲間との充実した日々=女優・黒木華さん

黒木華(くろき・はる)さん

 高校で3年間所属した演劇部は青春でした。放課後、校門が閉まるぎりぎりまで練習をしていました。赤点を取ると部活に出られなくなるので帰宅後は勉強も頑張りました。演劇しかない、というくらいの気持ちで打ち込んでいました。

 顧問の男性の先生はとても指導が厳しかったです。「お客さんより先に泣くな、気持ち良くなるな」という言葉は今も覚えています。厳しさのおかげで部員には一体感がありました。でも合宿では一緒にふざけることもあって、アメとムチを使い分けてくれていたんだなと思います。注目すべき劇作家や劇団を教えてくれたのも先生でした。大阪で舞台があれば引率してくれて、舞台がさらに好きになるきっかけになりました。今でも「作品を見ました」と年賀状を送ってくれます。

 同じ部活の仲間と過ごした時間も忘れられません。演劇好き同士が集まって作品を作り上げる時間は楽しかった。3年生の先輩が引退前の最後の大会で負けてしまった時のことです。悔しさと同時に「もう少しこの仲間で芝居がしたい」という思いがこみ上げてきてみんなで涙したことが印象に残っています。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです