メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

一歩一歩 福岡市早良区・井上容美(団体職員・40歳)

福岡市早良区・井上容美(ひろみ)

 コロナ禍の少し前から感じていた心身の不調が、新型コロナウイルスの感染拡大に合わせるように悪化の一途をたどった。動悸(どうき)、目まい、息がうまく吸えない。

 突然涙がこぼれ、ちょっとしたことでパニックになる。並行して持病の状態も不安定になった。緊急事態宣言の中、自宅と職場を往復する日々。大好きだった書店巡り、食べ歩き、ヨガのレッスン、登山が日常から消えた。

 あれから半年。書店に足が向かず、手元の本を読み返していたが、ようやくネットで本を購入した。真新しい本を手にした瞬間、気持ちが高揚し、新たな本との出会いを渇望していたことに気付く。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  4. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

  5. 株価バブルは崩壊間近

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです