衆院山口3区 二階氏「挑むなら受けて立つ」 林氏をけん制 河村氏の総決起大会で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
取材に応じる自民党の二階幹事長(左)と河村元官房長官=山口県宇部市で=2020年10月4日午前11時45分、遠藤雅彦撮影
取材に応じる自民党の二階幹事長(左)と河村元官房長官=山口県宇部市で=2020年10月4日午前11時45分、遠藤雅彦撮影

 自民党の河村建夫元官房長官(77)=衆院山口3区=の次期衆院選に向けた総決起大会が4日、山口県宇部市内で開かれた。河村氏の所属派閥会長の二階俊博幹事長も出席。「(河村氏に)挑んで来るなら、政治行動の全てをなげうって受けて立つ」と述べ、衆院転出が取り沙汰される岸田派の林芳正元文部科学相(59)=参院山口選挙区=を強くけん制した。【平塚裕介、遠藤雅彦】

 二階氏には伊吹文明元衆院議長や武田良太総務相、林幹雄幹事長代理ら二階派所属の国会議員約20人が同行する異例の布陣。会場のホテルには県議や市議、後援会関係者ら約400人が集まった。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文979文字)

あわせて読みたい