メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証障害で富士通社長が謝罪「多大な迷惑掛けた」 責任の所在には触れず

東京証券取引所=和田大典撮影

 富士通の時田隆仁社長は5日、オンライン記者会見で、株式売買システムを開発した東京証券取引所の障害について「システム障害の原因となった機器の納入、システム開発を担当する企業のトップとして、多大なるご迷惑をお掛けしたことを心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 障害は、株式売買システム「アローヘッド」で1日午前に発生した。情報を記録する共有ディスク装置が故障した上、バックアップへの切り替えも正常に行われず、東証は株式全銘柄の売買を終日停止した。故障した機器を交換し、2日から売買を再開した。

 東…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです