特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

上司トランプ氏に遠慮? 機密保持? 主治医チームの説明に矛盾 かえって広がる懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
車で病院周辺を回り、集まった支持者らに車内から手を振るトランプ米大統領=米首都ワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院近くで2020年10月4日、ロイター
車で病院周辺を回り、集まった支持者らに車内から手を振るトランプ米大統領=米首都ワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院近くで2020年10月4日、ロイター

 新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領(74)の主治医チームは4日の記者会見でトランプ氏の体調改善を強調し、楽観的な回復見通しを示した。だが、説明には矛盾もあり、病状の実態は依然不透明なままだ。主治医のコンリー医師は海軍所属で、軍の最高司令官である大統領と「上司と部下」の関係にある。そのため、コンリー氏の発言は必ずしも医学的見地に基づいてはいないとの批判も出ている。

「手を振るトランプ氏」に批判も噴出

 ウォルター・リード陸軍病院での会見でコンリー氏は、トランプ氏の回復に「満足している」と繰り返した。一方、トランプ氏が、2日の感染確認後に高熱を出した▽血中酸素濃度の低下が複数回あった▽肺の検査で「深刻ではないが、想定された結果」が出た▽通常は重症患者に処方されるステロイド系抗炎症薬を投与されている――などの情報も示され、「順調な回復」に対する懐疑的な見方は消えていない。トランプ氏の感染時期も判明していないが、コンリー氏は「治療には関係のないこと」と主張する。

 入院前後の酸素濃度低下などを3日の会見で明らかにしな…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1412文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集