メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「後払いの商品購入で即日現金報酬」…実態はヤミ金商法 専門家が注意呼びかけ

「後払い取引」をかたるヤミ金に警鐘を鳴らす司法書士の前田勝範さん=大阪市北区南森町2で2020年9月15日午後2時13分、藤河匠撮影

 後払いの商品購入に申し込めば現金が手に入る――。そんな誘い文句で客を呼び寄せる商法が目立ち始めた。「後払い取引」などと称され、現金を得た利用者には高額な支払いが待っているが、当面の生活費に困った人が手を出しているという。専門家は、実態は高い利息で現金を貸し付ける「ヤミ金」に当たる可能性があるとして、注意を呼びかけている。

 「代金は後払い 現金報酬の即日受け取り」。ある業者はネット上で、円と米ドルなど2国間の通貨を売買して差益を得る「外国為替証拠金取引(FX)」ができるプログラムの販売名目で利用者を募っている。プログラムを利用した感想をネット上に投稿すれば「宣伝協力の報酬」が支払われる仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです