キク農家、苦境 コロナで葬儀需要減 台風で追い打ち

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風で曲がってしまったキクを見つめる竹之内さん=宮崎県高原町で2020年9月17日、杣谷健太撮影
台風で曲がってしまったキクを見つめる竹之内さん=宮崎県高原町で2020年9月17日、杣谷健太撮影

 新型コロナで葬儀用の需要が減り、9月上旬の台風10号被害が重なって、宮崎県のキク農家が苦しい経営を強いられている。

 「ちょうど出荷前だった。曲がったり傷が付いたりすると等級が下がる」。同県高原町のキク農家、竹之内藤男さん(67)はキクを見つめてつぶやいた。JA宮崎経済連によると、等級が一つ下がると1本当たり20円程度差が出るという。

 1989年に初出荷した竹之内さん。現在は夏キクと秋キクを40アールの土地で栽培し、8割をJAに出荷し、残りの2割は直売所で販売している。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文589文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集