メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島・藤井戦 相掛かりの戦いで始まる 王将戦リーグ

[PR]

初手を指す豊島将之竜王(右)。左は藤井聡太王位=大阪市福島区の関西将棋会館で2020年10月5日午前10時、山田尚弘撮影

 渡辺明王将(36)への挑戦権をかけた第70期王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、囲碁・将棋チャンネル協賛)の豊島将之竜王(30)―藤井聡太王位(18)戦が5日、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。開幕戦を勝利した豊島に対し、藤井は黒星スタートで、本局は互いに2戦目。2冠同士の対戦になったが、藤井はこれまで豊島には5戦全敗と苦手にしており、初勝利を挙げられるかにも注目が集まる。

豊島将之竜王の初手に続き2手目を指す藤井聡太王位=大阪市福島区の関西将棋会館で2020年10月5日午前10時1分、山田尚弘撮影

 対局は豊島の先手番で午前10時に始まった。互いに飛車先の歩を突き、相掛かり模様の出だし。藤井が飛車先の歩を切り、後手番ながら積極的に動く。藤井は飛車を縦横に動かして1歩得を果たし、豊島はその間に左翼の角、銀と右翼の桂馬を進めて攻めの態勢づくりを急いだ。

 持ち時間各4時間で、同日夜に決着の見込み。【新土居仁昌】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです