連載

エンタメノート

お笑い、大衆芸能、放送などエンタメ全般を取材してきた、油井雅和記者が「舞台裏」をつづります。

連載一覧

エンタメノート

山口百恵さん引退から40年 対峙して育てた名プロデューサー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ファイナルコンサートで、最後の曲となった「さよならの向う側」を泣きながら歌い終えた山口百恵さん=東京都千代田区の日本武道館で1980年10月5日、吉川秀子撮影
ファイナルコンサートで、最後の曲となった「さよならの向う側」を泣きながら歌い終えた山口百恵さん=東京都千代田区の日本武道館で1980年10月5日、吉川秀子撮影

 山口百恵さんの引退から40年。日本武道館でのファイナルコンサート(1980年10月5日)がNHKのBSプレミアムで3日夜に放送された。

 かつての歌手の懐かしの映像の一部をまとめた番組は最近とても多いけれども、コンサートを丸ごと2時間余り、たっぷり見せてくれた番組は久しぶりではないだろうか。

 ブルーレイやDVDで発売されてはいるものの、コンサートとほぼ同じ時期に見ることで、自分は40年前に何をしていたのかも振り返りながら見入ってしまった。ほとんど知られていない「プレイバックPart1」も聴くことができた。5日夜はBS4Kで放送されるが、「最新技術でリマスターした映像」の百恵さんの圧倒的な魅力は、あせることがない。

 40年前の10月5日はTBSがコンサートを中継した。番組のMCは久米宏さん、総合演出は山田修爾さん。山田さんは「ザ・ベストテン」の生みの親でもある名プロデューサー。

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1475文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集