特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

大阪都構想 財源、サービス、必要性…くすぶる疑問 説明会でこぼれた住民の声

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
多くの人が訪れた「大阪都構想」の住民説明会=大阪市中央区で2020年10月4日午後2時8分、平川義之撮影
多くの人が訪れた「大阪都構想」の住民説明会=大阪市中央区で2020年10月4日午後2時8分、平川義之撮影

 大阪市を廃止し、4特別区に再編する「大阪都構想」の是非を問う住民投票に向けた住民説明会が4日終了した。4日間8会場で市民計3000人が参加したほか、区役所などに設けられた視聴会場での動画配信で計1004人が視聴。説明パンフレットが「メリット一色」との批判がある中で、市民らが松井一郎・大阪市長と吉村洋文大阪府知事に直接疑問点をぶつけた。主な質疑を振り返る。

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1177文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集