「はやぶさ2」カプセルを広大な砂漠で回収する秘策とは なお続く宇宙での延長戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
地球へ向けてカプセルを投下する、小惑星探査機「はやぶさ2」の想像図=池下章裕さん提供
地球へ向けてカプセルを投下する、小惑星探査機「はやぶさ2」の想像図=池下章裕さん提供

 小惑星リュウグウから帰還中の探査機「はやぶさ2」は、採取した岩石のかけらを入れたカプセルを12月5日、地球に投下する。はやぶさ2の本体は新たに別の小惑星へ向かうが、カプセルの回収は、試料の持ち帰りという本来の任務における最後の難関だ。【池田知広】

地球から約22万キロでカプセルを切り離し

 金星の40倍ほど光り輝きながら、はやぶさ2のカプセルが流星のように砂漠の夜空を駆ける。日本からオーストラリアに渡る約80人の回収班のメンバーは、そんな光景を見ることになりそうだ。

 「はやぶさ2の帰還」と言われるが、実際には、地球から約22万キロも離れた場所でカプセルを切り離す。着地点で狙うのは南オー…

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文1875文字)

あわせて読みたい

注目の特集