特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

歌うラガーマン、チャリティーCD制作 新日鉄釜石元主将「復興の灯消さぬ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩手県釜石市で開かれた音楽イベントで演奏する長山さん=本人提供
岩手県釜石市で開かれた音楽イベントで演奏する長山さん=本人提供

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県釜石市の復興を願い、自作の歌で応援しているラガーマンの長山時盛さん(58)=栃木県小山市=がチャリティーCDを制作した。収益は、昨年のラグビー・ワールドカップ(W杯)の会場となった釜石鵜住居復興スタジアムの維持費やラグビー選手の育成に充てる基金に寄付する。日本中を熱狂の渦に巻き込んだW杯から1年。「ラグビーの町・釜石の復興に少しでも役立ちたい」と話している。

 長山さんは茨城県出身。高校卒業後、当時日本選手権7連覇を果たし「北の鉄人」と呼ばれた新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)に入部。プロップとして活躍し、主将も務めた。現在は国学院栃木高ラグビー部のコーチをしながら、ギターの腕を生かして「Kenny Yellow Blues」の名前で音楽活動をしている。

この記事は有料記事です。

残り1216文字(全文1566文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集