特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

4人が「集票依頼」だと認識、口裏合わせも 現金受領5人尋問終了 河井案里被告公判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で
東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で

 2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告(57)の妻で初当選した案里被告(47)の公判が5日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれ、胡子雅信・広島県江田島市議(50)が現金10万円の受け取りを認めた。これで案里議員から現金を受け取ったとされる地方議員5人全員が現金受領を認め、うち4人が主な趣旨を検察側の主張に沿う形で「案里議員の選挙の集票依頼と考えた」と証言した。

 「(案里議員の秘書が)『先生からです』と言って茶色の封筒を差し出してきた」。胡子市議は5日、現金を渡された様子を再現した。地域のイベントに参加したいとの案里議員側の要請を受けて、地元のカラオケ大会を紹介。案里議員がステージで石川さゆりの曲…

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1441文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集