「コロナ禍でも穏やかに」 今年も「じめさあ」化粧直し 鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鹿児島市で市民に「じめさあ」と親しまれる石像の化粧直しが5日あった。旧薩摩藩の島津家十八代当主・家久の妻亀寿を指す「持明院(じみょういん)さま」の方言での呼び方といわれており、命日の10月5日に市職員が毎年化粧直しをしている。今年はくすんだピンクのほお紅と控えめな赤の口紅で、優しくほほ笑む顔になっ…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集