ボクシング井上尚「最高の出来」 大橋会長「完璧に近い」 WBA・IBF防衛戦へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界戦に向けて汗を流す井上尚弥=大橋ジム提供
世界戦に向けて汗を流す井上尚弥=大橋ジム提供

 世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級王者(WBAはスーパー王者)の井上尚弥(27)=大橋=は31日(日本時間11月1日)に米ネバダ州ラスベガスで、約1年ぶりとなる世界戦を行う。5日、所属ジムの大橋秀行会長(55)が取材に応じ、「完璧に近い状態。試合の延期が続いても、ずっと集中力を途切れさせずにいる」と語った。井上尚は18日に渡米する予定。

 井上尚は4月に、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者のジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=との王座統一戦が決まっていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。結局カシメロ戦は日程未定のまま、9月、新たにジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=と、WBAとIBFの王座を懸けた防衛戦が決まった。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文666文字)

あわせて読みたい

注目の特集