連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

北乃きい テンポ感を大事に 「真夏の夜の夢」に出演

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北乃きいさん=東京都中央区で2020年9月23日、西夏生撮影
北乃きいさん=東京都中央区で2020年9月23日、西夏生撮影

 シェークスピアの原作を野田秀樹が大胆に潤色した「真夏の夜の夢」が15日から、東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで上演される。原作ではヒロインのハーミアに当たる「ときたまご」役を演じる北乃きいは「言葉遊びがおもしろくて、野田さんワールドだなと感じる。テンポ感が大事なので、リズムを崩さないよう気をつけたい」と語る。

 演出はルーマニアを代表する演出家で、野田が全幅の信頼を寄せるシルビウ・プルカレーテ。「プニプニとかブヨブヨといったオノマトペが難しいみたい。日本語のギャグも、『これって日本人にはおもしろいの?』と通訳さんに聞いていますよ」と笑う。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1017文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集