メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

横綱になった菅さん

地元に飾られている、照国が1951年春場所に全勝優勝したときの優勝額=秋田県湯沢市の雄勝文化会館で2020年9月18日午後3時13分、古川修司撮影

 秋田県南部の山あいにある秋ノ宮村(現・湯沢市)出身で、県内から初めてその地位に上り詰めた菅(すが)さん。といっても政治の話ではない。

 第38代横綱の照国、本名菅(後に養子縁組で大野)万蔵さんは1919年生まれ。菅義偉首相の父親と小学校の同期生だった。「横綱照国物語」(無明舎出版)の著者で湯沢市の元教諭、簗瀬均さん(62)によると、内気、温厚で争いを好まなかった…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 劇場版『鬼滅の刃』入場者に塗り絵配布、先行DL開始 作者「まだまだおうちで過ごす時間も多いので」

  2. 菅首相、日中韓会談に難色 元徴用工問題で措置講じない限り出席せず 韓国に伝える

  3. 杉田和博官房副長官が拒否の判断に関与 政府関係者明らかに 首相に経緯報告

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 法政大出身の菅氏へ「民主主義国家が誇り持てる首相に」 田中優子・法政大総長

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 菅首相二つの狙い 「徹底破壊して」作る暗い世界 経済学者・安冨教授が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです