高齢者、減塩食学ぶ しょうゆの量見直し 青森 /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
普段使うしょうゆの量を量る参加者(右)=青森市新町の市役所駅前庁舎1階で2020年10月5日、平家勇大撮影
普段使うしょうゆの量を量る参加者(右)=青森市新町の市役所駅前庁舎1階で2020年10月5日、平家勇大撮影

 青森市老人クラブ連合会と市は青森市新町の市役所駅前庁舎で5日、減塩食について学ぶ高齢者向けサロンを開いた。約40人が参加し、普段使うしょうゆの量などを見直した。

 サロンでは、参加者が、すしなどの写真を見て、普段使う量のしょうゆを取り皿に実際に注ぎ、塩分量を測った。他にも減塩ができるレシピの紹介や、看護師らによる健康相談を受けており、訪れた人たちは自分の食生活につい…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集