新型コロナ 医療用物資備蓄、県が状況を公表 マスク1000万枚など /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は5日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、県内の医療機関や社会福祉施設で医療用物資が不足した際に配布する物資の備蓄状況を公表した。

 5日現在の備蓄状況は、サージカルマスク1000万枚▽防護服1万枚▽サージカルガウン5万枚▽フェースシールド7万枚――など。県内の医療機関や社会福祉施設で備蓄が乏し…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集