サビステ代替、県が説明 市町村の「一時支援」で 県議会常任委 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 在宅の重度障害者を一時的に預かり介護する「サービスステーション(サビステ)事業」の廃止を県が検討している問題で、県は5日の県議会厚生文化常任委員会で、市町村の「日中一時支援事業」などで補うことを視野に入れていると説明した。金沢充隆氏(令明)の質問に井上秀洋・障害政策課長が答弁した。

 サビステ事業は、家族らが病気や急用で介…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文372文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集