メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉ビズ+α

スーパー、地元強し よく利用するのは(1)ベルク(2)ヤオコー(3)マルエツ チェーン独占なし、群雄割拠 /埼玉

 生活必需品を取り扱うスーパーマーケットは地域密着型で地元企業が強い一方、シェアを独占するチェーン店はなく群雄割拠していることが、ベンチャー企業「WED」(東京都)のまとめで分かった。県内の利用状況は、(1)ベルク(鶴ケ島市)(2)ヤオコー(川越市)(3)マルエツ(東京都)――の順で多かった。【山越峰一郎】

 WEDは、レシート画像買い取りアプリ「ONE」を開発・運営。首都圏1都3県のアプリ利用者から7月に収集したレシートのうち、スーパー利用分を分析した。WEDは「利用客数に近いとみられる」としている。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  4. 近大生一気飲み死亡、学生など9人を略式起訴へ 刑事責任問うのは異例

  5. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです