連載

楕円球の記憶

毎日新聞デジタルの「楕円球の記憶」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

楕円球の記憶

第100回全国高校ラグビー/上 関商工OB・市原慶三さん(65) 悔しさ、今も鮮明に /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第53回大会でベスト4に入り、授与された銅メダルを見せる市原慶三さん=岐阜県美濃市蕨生の自宅で2020年10月2日、花岡洋二撮影
第53回大会でベスト4に入り、授与された銅メダルを見せる市原慶三さん=岐阜県美濃市蕨生の自宅で2020年10月2日、花岡洋二撮影

受け継がれる「展開ラグビー」

 関商工ラグビー部OBの市原慶三さん(65)=美濃市蕨生=は、「花園」で勝ち取った銅メダルを、自宅で包み紙から取り出して見せてくれた。約30年前に家を改築時に行方不明となったが、今春、会社を引退し、新型コロナ禍も重なり時間ができたので探してみると、物置で見つかった。第53回全国高校ラグビーフットボール大会(1973年度)でのベスト4は、今も県勢としては最高成績だ。現役の後輩たちに見てもらえば、「俺たちにもできる」と自信が芽生えるのではと、井川茂雄監督に相談することを考えている。

 しかし市原さんが最も鮮明に覚えているのは、その前年度だ。2年生で出た第52回大会のワンプレーが「忘れられない」という。

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1171文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集