メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさか街角キネマ便

「血筋」第七芸術劇場で公開中 息子が見た生き別れの父 消息たどり、中国・朝鮮族自治州へ /大阪

公開中のドキュメンタリー映画「血筋」の1シーン=(C)映画「血筋」公式サイト、2019(提供写真)

 中国で生きる朝鮮民族を取り上げながら、「父と息子」を描くドキュメンタリー映画「血筋」が大阪市淀川区の第七芸術劇場(06・6302・2073)で公開されている。9日まで。

 監督は中国の延辺朝鮮族自治州・延吉市で生まれ、10歳で日本に来た角田龍一さん(27)。この作品でカナザワ映画祭2019期待の新人監督グランプリを受賞した。

 20歳になったソンウ(監督)は生き別れた父を探そうと決めるが、親族は父の話題に触れたがらない。韓国にいることが分かり、18年ぶりの再会を果たすが、画家だった父は不法滞在の日雇い労働者として生計を立て、借金取りに追われていた。そんな状況でありながら、息子への虚栄心と愛情をお金で表現しようとする父の姿に困惑して――。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです