メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活相談Q&A

無料点検サービスのつもりが…… /兵庫

 Q 「近所で排水管工事をした。下水からゴキブリが出たり異臭がしたりしていないか無料で点検と高圧洗浄をする」と、業者が自宅に来た。点検作業後に「排水桝(ます)に傷がある」と言われ、排水桝の工事契約(8万円)をしたが、不審に思うので契約を解除したい。(50代女性)

 A 無料点検やサービス後に、「このままでは水漏れして、となりに迷惑をかけることになる」と不安をあおられ契約を急がされて、契約後に後悔してしまうことも少なくありません。

 工事契約後の契約解除方法の一つとして、クーリングオフがあります。訪問販売においては契約書面受領日を初日として、8日以内にクーリングオフ通知を契約業者に発送することで契約解除の意思表示を通知することができます。また、契約書面を受け取っていない場合や内容に不備がある場合などは、8日を過ぎていてもクーリングオフが可能な場合があります。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 福井でクマ2頭、襲われ3人けが 敦賀の北陸新幹線工事現場など 1頭は射殺

  5. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです