メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見慣れた町並みスケッチで 平山郁夫6点展示 松山常次郎記念館 /和歌山

毎年期間限定で公開されている平山郁夫氏のスケッチ画=和歌山県九度山町の松山常次郎記念館で、藤原弘撮影

 日本画家の平山郁夫氏(1930~2009年)が九度山町内を描いたスケッチ画6点が、町内の松山常次郎記念館で展示されている。平山氏が世界遺産の慈尊院や町並みを色鉛筆などで描いた作品で、毎年期間限定で公開されている。18日まで。

 同記念館は実業家で衆院議員も務めた松山常次郎(1884~1961年)の生…

この記事は有料記事です。

残り75文字(全文225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです