連載

新閣僚に聞く

新たに就任した閣僚に政策課題の取り組みなどを聞いた。

連載一覧

新閣僚に聞く

行政改革相・河野太郎氏/官房長官・加藤勝信氏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎行政改革担当相=長谷川直亮撮影
河野太郎行政改革担当相=長谷川直亮撮影

押印廃止を進める 行政改革相・河野太郎(こうの・たろう)氏(57)

 国民から見て新しい価値を作り出すための規制改革を真ん中に据えたい。経済を前に進めるのは民間の知恵と努力だ。規制改革のネタを民間が拾って政府に投げてくれたら、実現できるようにやりたい。「縦割り110番」を設置したが、想定をはるかに上回るメールをいただいた。内閣府の「ホットライン」に統合して続けたい。「直轄チーム」も立ち上げた。実現できる改革はどんどんやる。自治体からも職員を派遣してもらった。改革の先頭に立ってもらいたい。

 行政手続きで印鑑を押す行為がなくなれば利便性が上がる。押印は全部いらないと思って各省庁に押し戻している。やめることだけが目的ではなく、次を目指す途中のステップだ。

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1120文字)

あわせて読みたい

注目の特集