メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証売買停止 原因は設定ミス 「再発防止に全力」 富士通社長謝罪

オンライン記者会見する富士通の時田隆仁社長=5日午前

 富士通の時田隆仁社長は5日、オンライン記者会見で、株式売買システムを開発した東京証券取引所の障害について「システム障害の原因となった機器の納入、システム開発を担当する企業のトップとして、多大なるご迷惑をお掛けしたことを心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 障害は、株式売買システム「アローヘッド」で1日午前に発生。東証は株式全銘柄の売買を終日停止した。故障した機器を交換し、2日から売買を再開した。

 東証は富士通に機器を持ち込んで原因を調べており、時田氏は「原因究明と再発の防止に全力で取り組む。二度と(システム障害を)起こさないようにする」と説明したが、責任の所在や原因調査の状況については明らかにしなかった。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです