連載

読んであげて

子どもたちに向けた童話です。大人が読み聞かせ、お互いの心を通わせましょう。

連載一覧

読んであげて

帰ってきた名探偵AI・HARA/50

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
帰ってきた 名探偵AI・HARA 50
帰ってきた 名探偵AI・HARA 50

 <広げよう おはなしの輪>

作・佐東(さとう)みどり 絵(え)・ふすい

「イラストが描(か)かれた看板(かんばん)が見(み)えたのは、ジェットコースターが1回転(かいてん)したちょうど頂上(ちょうじょう)のときだったんだ。動物(どうぶつ)の絵(え)だとは分(わ)かったけど、逆(さか)さまに見(み)えていたから、一瞬(いっしゅん)なんの動物(どうぶつ)なのか分(わ)からなかったんだよ」

 そのため浩太(こうた)は、1回転(かいてん)した後(あと)、あれがどういう動物(どうぶつ)だったのか改(あらた)めて考(かんが)えて、ようやくライオンだと気(き)づいたのだ。

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1576文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集