メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「8050」民助で居場所 食事・相談、設置へCF 高知の団体「公的支援が不足」

 無職や引きこもりの50代の子を80代の親が養って困窮・孤立する「8050問題」を巡り、民間の支援センターの設置が高知県で進められている。子どもたちに無料や低額で食事を振る舞う「子ども食堂」をモデルに、当事者が食事を共にする食堂の設置などを構想する。8050に限らず、社会から断絶して貧困や孤独に苦しむ「限界家族」の力になろうと「8050『限界家族』支援センター」と命名。将来は全国に広げるモデルとして注目され、クラウドファンディング(CF)で資金を募っている。

 設置するのは高知市の一般社団法人「エスポワール高知」。支援センターは市内の物件を借り、無料の会員制の施設として運営。会員となった当事者に食事を低価格で提供する食堂や、24時間相談に応じるフリーダイヤルを設置し、当事者が悩みを語り合い交流する場にすることを目指す。

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです